ラクアの乳酸菌サプリメント 大草原の乳酸菌

自然との共生、遊牧民が教えてくれたもの「大草原の乳酸菌」
遊牧民が教えてくれた「大草原の乳酸菌」
モンゴル大自然に暮らす遊牧民が作る保存食や発酵乳から採取されたNS乳酸菌の中から、特に大型で発酵力の強い4種類の乳酸桿菌を選び出しました。それらを混合培養ではなく独立単菌培養した後に、長年のデータに基づいた配合比率でブレンドし、植物由来のカプセルに詰めたものが「大草原の乳酸菌NS-Max」です。長い間研究室で培養され続けた菌ではなく、毎年現地で採取した乳酸菌を使うことで、より強力に健康をサポートしてくれます。自然との共生、その答えがここにあります。
4つのNS乳酸菌(NS-9株、NS-8株、NS-7株、NS-6株)
・NS‐9株(ラクトバチルス・ファーメンタム)―遊牧民が食べる野生ネギの漬け物より分離培養した乳酸菌。糖の分解に優れています。
・NS-8株(ラクトバチルス・ヘルベティクス)―他の乳酸菌の数十倍の大きさがある大型の乳酸菌。人が本来持つチカラを維持するのを助けます。
・NS-7株(ラクトバチルス・ロイテリ)―母乳由来から発見された乳酸菌。人が本来持つチカラを維持するのを助けます。
・NS-6株(ラクトバチルス・カゼイ)―多くの乳製品に存在する乳酸菌。腸内のバランスを整えます。

 

 

年齢を重ねるにつれて減っていく善玉菌、増えていく悪玉菌。続けることで「変えたい」あなたにお届けします。
健康は菌に左右されます。まずは体内のバランスを整え、病気になりにくいカラダをつくることが大切です。今日の社会では、殺菌・抗菌が宣伝されていますが菌やウイルスを殺すのではなく本来は人間と共生させることが望ましいのです。【開発者の金鋒博士】

 

 

腸内で活発に増える「共生性乳酸菌」
「共生性乳酸菌」とは・・・
乳酸菌には発酵の過程で性質が変化していく特徴があります。培養のピークを過ぎて乳酸を多く出した乳酸菌を「抗生性」と区別します。共生性乳酸菌は腸内で活発に増殖し本来の働きをします。一方で抗生性乳酸菌は腸内であまり働かず菌数もあまり増えませんが、他の細菌の増殖を抑制する能力に優れています。共生性を「若者乳酸菌」、抗生性を「老人乳酸菌」とイメージすると分かりやすいかと思います。腸内善玉菌としての役割を果たすには、共生性乳酸菌を摂ることがとても重要です。大草原の乳酸菌はココ!だから体内で活発に働く!

 

 

Qいつ飲めばよいですか?
A自然食品ですので、いつお召し上がりいただいても結構です。おすすめとしては睡眠前か起床時がよいと思います。
Q何といっしょに飲めばよいですか?
Aお水で飲まれてもかまいませんが、乳酸菌と相性の良いものとして豆乳やミルクもよいでしょう。
Q子供にも飲ませたいのだけど、大丈夫?
A大丈夫です。カプセルをのどに詰まらせることがないようにお気を付けください。
お客様の声
お腹がスッキリ。体も軽くなり、おかげで気分も晴れ晴れです。(40代女性)
もともと体質の弱かった私ですが今ではウソのよう。続けてよかったです。(50代女性)

 

 

 

 

plantcaps

 

 

配合比率

 

 

始めてください。負けないカラダづくり。大草原の乳酸菌NS-Max
ラミジップ4,600円36カプセル入約18日分1カプセル200mg×36粒(1日2粒目安)
ボトル9,800円60カプセル入約30日分1カプセル200mg×60粒(1日2粒目安))
原材料名:乳酸桿菌(デキストリン、乳酸桿菌)、カプセル(プルラン)
【お召し上がり方】1日2粒を目安に水又はお湯などと一緒にお召し上がりください。
【ご使用上の注意】体調や体質に合わない場合はご利用をお控えください。通院中または薬を処方されている方はお医者様とご相談ください。
※ボトルとラミジップの中身(カプセル)は同じものです。

 

 

 

申し込みはこちらをクリック